理想の髪色に出会うためのお役立ち情報

>

染める前に知っておきたいヘアカラーの注意

髪質によって変身?髪色に及ぼす影響

「選んだ髪色と実際に染めた髪の色味が違う」と思った経験はありませんか?
肌や目の色同様髪質も人によって個人差があり、それが染めた後の髪の色味に大きく影響してきます。

髪質が太くて硬い場合、染めた後に赤味が強く出やすく、全体的に明るくなり難い傾向があります。
ですからこの髪質の方が髪色を選ぶ時は、希望の色よりワントーン明るめの色味を選ぶか、赤味の出難いグリーン系やゴールド系のブラウンを選ぶと、仕上がりが見本に近い色味になり易いです。
また、反対に髪質が細くて柔らかい場合は、黄色味が強い仕上がりになりやすく、全体的に明るくなり易いのが特徴です。
そのためこの髪質の方は、希望の色よりワントーン暗めの色味を選ぶか、ピンク系や赤系のブラウンで染めると、仕上がりの色が希望の色味に近くなるでしょう。

元の髪色によって異なる染まり方

髪を染めるうえで、意外と見落としがちな注意点が染める時の髪色です。
ヘアカラーの見本の色は、基本的に黒髪の人が染めた時の仕上がりが基準となっています。
その為、他の髪色の人が実際に染めた時の仕上がりとは色味が違う可能性があります。
特に、染めたい色が今の髪の色味と極端に異なる場合は、染まりにくかったり色が定着しなかったりする可能性があるので注意が必要です。

また、同じヘアカラーでも「黒髪用」のヘアカラーと「白髪染め用」のヘアカラーは仕組みそのものが違います。
そのため、「黒髪用」のヘアカラーでは白髪に対して色が入りにくい為、綺麗な仕上がりになりません。
ただし全く使えないという訳ではなく、少量の白髪であれば目立たなくなる可能性もあります。

いずれにせよ、髪色をガラっと変えたい場合や白髪が目立ってきた場合のヘアカラーは、個人差や髪の状態による変動が多いので、美容院でカウンセリングを受けるのがオススメです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る