理想の髪色に出会うためのお役立ち情報

>

なりたい印象から髪色を決める

髪の明るさで変わる人の印象

ヘアカラーの見本やカタログなどで「トーン」という言葉を見かけたことはありませんか?
トーンとは髪色に限らず色を明度と彩度を合わせた考え方で、簡単に言えば明るさを番号で記したものになり、数字が少ない程暗く、数字が多い程明るくなります。

同じ系統の色でも、このトーンが暗めだと落ち着いた印象が強くなり、大人っぽさや誠実さ、清楚さを印象付けることが出来ます。
透明感が出るので肌が白い方にはオススメですが、逆に肌が黒めの方は全体的に重たい印象になってしまうので逆効果。
全体的に「大人の女性」を演出するのにオススメです。

反対に明るいトーンが与えるのは、華やかさやオシャレ感、明るく元気というポジティブな印象です。
髪の毛が太い場合、トーンが暗めだと重く見えてしまいがちですが、明るめのトーンではその心配もありません。
い。

自分の希望に合わせて、トーンを選んでみましょう。

選ぶ色味でこんなにも違うイメージ

単に「黒」「茶色」と言っても、その中で「ピンク系」や「オレンジ系」「アッシュ系」と細かく色味を分けることができます。

その色味の違いだけで、人に与える影響は様々です。
たとえば女性らしさや可愛らしさを出したい時は「ピンク系」、元気さや若々しさを出したい時は「オレンジ系」を選ぶのがいいでしょう。
「レッド系」「バイオレット系」「マット系」はどれもエレガントさが出ますが、「レッド系」はより大人っぽさが、「バイオレット系」は神秘さを、「マット系」は知的さを強く演出できます。
ただし、顔の色味によっては肌がくすんで見えてしまうので注意が必要です。

自分の肌の色味に合う髪色と掛け合わせて考えれば、自分に似合ったうえでイメージ通りの髪色に出会うことが出来るでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る