>

髪色が少し違うだけで驚くほど変わる印象

あなたはどっち?肌の色から見る髪色

肌の色は、基本的に2つに分けられます。
日本人に多いとされているのは、黄色味が強い暖色系のイエローベース。
もう一つはブルーベースと呼ばれる、全体的に青味がかった寒色系の肌色です。
イエローベースとブルーベースとではそれぞれ似合う色が異なり、その名前が指す様にイエローベースは黄色寄りの色相、ブルーベースは青寄りの色相が似合うとされています。
同じ茶色を選ぶにしても、イエローベースの人はゴールド系やベージュ系など温かみのある色やマット系の色を選んでみて下さい。
一方ブルーベースの人の場合は、こげ茶などの落ち着いた色合いやアッシュ系が似合うとされています。
また、ブルーベースには黒髪が似合うという特徴もあるので、黒髪をオシャレに活かして楽しむというのもオススメです。

意外に深い関係がある目の色と髪の色

実は、目の色は髪の色と連動しているのを知っているでしょうか?
理由はメラニン。
髪や目の色は体の中のメラニン色素によって決まるため、メラニン色素が濃い場合は目の色も髪の色も濃く、薄い場合は薄くなります。
それもあってか、目の色と髪の色が違い過ぎるとどこか違和感が生まれます。
日本人の目の色は主に黒と茶色とされていますが、その中でも明るさや色味が少しずつ異なるものです。
例えば、明るい茶色の場合は明るい茶色のキャラメルブラウンやテラコッタなど。
逆に、黒や黒に近い茶色の場合は、ダークブラウンやボルドーブラウンなどの暗めの茶色を合わせるといいでしょう。
また、グレーがかった色の場合はココアブラウンやアッシュブラウンなどのトーンが明るいものを。
黄色味が強い茶色の場合は、同じように黄色味が強いコーヒーブラウンやゴールドブラウンなどを選ぶのがオススメです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る